hagakure food

新着情報

インターンシップ「委託給食業界で広がる栄養士・管理栄養士のキャリア」を開催しました

2019.08.19

2021年3月卒業予定の栄養・管理栄養学科の学生さんを対象に、インターンシップを開催しております。8月2日(金)は、本社会議室にて講義を実施。9名の学生さんにご参加いただきました。

講義のテーマは「委託給食業界で広がる栄養士・管理栄養士のキャリア」。ハガクレフード株式会社の課長が講師を担当し、実際に事業所で作っている献立の説明と、ハガクレフードで実現できるキャリアプランの紹介を行いました。参加者は、説明を懸命に聞きながら、所々でメモを取っていました。調理や献立作成のイメージが強い職種である管理栄養士ですが、プレゼンを行うことがあるとは意外だったようで、将来の視野を広げるきっかけになったようです。

途中で休憩を挟み、グループワークを実施しました。テーマは「100歳のお誕生日を迎える福祉施設の入居者の方に向けたメニューとおもてなしを考える」。参加者3人ずつでチームを組み、アイディアを模造紙にまとめて発表しました。チームで話し合いながら、終始楽しそうな様子で取り組んでいました。

ハガクレフード株式会社では、その他、調理実習プログラム、衛生管理の研修体験プログラムなど様々な内容でインターシップを開催しております。詳細確認やお申し込みは下記よりお願いいたします。未来の栄養士・管理栄養士のみなさまにお会いできる日を楽しみにしております。
https://www.hagakurefs.com/contact/

「みなとタバコルール宣言事業者」として港区に登録されました。

2019.08.07

ソシオークグループは「みなとタバコルール宣言事業者」として港区に登録されました。みなとタバコルールの趣旨を理解し、賛同し、ルールを守るため、行動します。

なお、同グループでは健康経営の推進およびタバコに関する取り組みの一環として、社員の喫煙時間のルール化を設定しています。
(1)9:00~18:00までは喫煙禁止
(2)ただし昼休みの休憩1時間を除く
(3)18:00以降は、自己判断のうえ節煙に励むこと

※みなとタバコルール宣言とは
港区では、「誰もがまちのルールを守り、たばこを吸う人も吸わない人もともに快適に過ごせるまち」をめざして、特に喫煙者の多くを占める在勤者や仕事で港区を訪れる方々に「みなとタバコルール」を守っていただくため、平成29年4月から「みなとタバコルール宣言登録事業」を新たに開始しました。
http://www.city.minato.tokyo.jp/kankyo-machi/kankyo/tobacco/index.html

 

ソシオークグループの障がい者雇用率は3.35%を達成

2019.08.06

ソシオークグループではこれまで障がい者雇用に積極的に取り組んで参りましたが、令和元年6月1日現在の障がい者雇用率は法定雇用率2.2%を超えて3.35%を達成する事ができました。ソシオークグループは、企業グループ算定特例(関係子会社特例)に認定されており、グループ全体で80名を超える障がいをお持ちの方を雇用しています。

ソシオークグループでは、CSVを経営の中核に位置付けており、今後も多様な人財が活躍できる安全・安心で誇りの持てる職場環境を提供しSDGsの達成に向けて、誰もが健やかに暮らせる社会基盤づくりに貢献して参ります。

 

■ソシオークグループ各社の取り組み
フードサービス・子育て支援サービス・自動車運行管理サービス・パブリック事業・管理部門において環境整備を進め、本人の障がい特性や能力、やる気に応じて適正配置。研修会や本部マネージャーによる支援を通し、職場理解を促進し、安定した職場環境と業務運営をサポートしています。

■サテライトオフィスの取り組み
三鷹市に完全バリアフリーのサテライトオフィスを開設。障がい者雇用支援のプロフェッショナルが常駐し、一人ひとりに合わせた支援計画のもと、定期的な面談・カウンセリングを通じてサポートしています。ソシオークグループでの一部の事務機能を集約し、データ入力・集計、官公庁入札情報の収集と登録、名刺作成、発送業務などを担っています。

■てしお夢ふぁーむの取り組み
株式会社てしお夢ふぁーむは、障がいがあることで、一般企業への就労が困難な方が働くことができる就労継続支援A型事業所です。「農業と社会の架け橋になる」というスローガンのもと、一般企業と同様に雇用契約締結と社会保険の加入をし、就労に必要な知識及び能力の向上を目的に訓練と支援を行っています。第一農場では小松菜・リーフレタス・フリルレタスなど水耕栽培に適した葉物野菜、第二農場ではミニトマトを生産。栽培期間中に「農薬を使用しない」または「できるだけ農薬を抑えて」栽培。仕事は作業工程ごとのマニュアルや本人の適正に応じて業務分担しており、一定の品質を保つことに成功しています。愛情とまごころを込めて「てしお」にかけた野菜を生産しています。生産した野菜はグループ会社が運営する保育園や社員食堂で提供のほか、地域のスーパーでも販売しています。

テレワーク・デイズ実施団体として登録し多様な働き方のテストを実施

2019.07.18

ソシオークグループ・ハガクレフード株式会社はテレワーク・デイズ実施団体として登録しました。期間内のうち8月19日(月)~8月30日(金)は、テレワークを含む「多様な働き方」のテスト期間と定めました。
対象はソシオークグループ各社の本支店所属社員とし、フレックス(時差出勤・短時間勤務)、年次有給休暇の取得推奨、直行直帰、テレワーク(事業所勤務/自宅勤務)を組み合わせて、該当する全社員がテストを実施する予定です。

※テレワークデイズ
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都および関係団体と連携し、2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開。2019年は、2020年東京大会前の本番テストとして、7月22日(月)~9月6日(金)の約1ヶ月間を「テレワーク・デイズ2019」実施期間と設定されています。ソシオークグループでは、期間内のうち8月19日(月)~8月30日(金)は、テレワークを含む「多様な働き方」のテスト期間と定め、実施いたします。
https://teleworkdays.jp/

2019年入社フォローアップ研修(1)を開催しました

2019.07.08

2019年入社フォローアップ研修(1)を開催し、今年の4月に新卒入社した70名が参加しました。田植え研修からは1か月半、入社から数えると3か月が経過しました。誰も辞めることなく、頑張ってくれていることにまず、感謝したいと思います。

前半はグループワークを通して、チームビルディングについて様々なことに気付いてもらいました。グループとチームの違い、皆さんは説明できますか。私たちも日々の業務の中で「グループ」になっていないか、今一度、見直す必要がありそうです。

後半は正岡講師による研修で、配属前研修で学んだ挨拶とポジティブワードの復習から始まり、コミュニケーション、ホスピタリティマインド、名刺交換など、盛りだくさんでしたが、きっとそれぞれに持ち帰るものがあったと信じています。

素直で反応がよく、見ていて気持ちのよい新入社員です。これからも、しっかりサポートしていきたいと思います。

※新卒入社1年目の研修(ソシオークカレッジ)
・3月  配属前研修
・5月  田植え研修
・7月  フォローアップ研修(1)
・9月  稲刈り研修
・11月 フォローアップ研修(2)

※ソシオークカレッジ(社内大学)
人を大切にし育てるソシオークグループでは、働く仲間たち一人ひとりが系統的に学び続けるため、社内大学「ソシオークカレッジ」を設けています。 ソシオークカレッジでは、技能・知識の習得に留まらず、一人ひとりが目標に向かってしっかりと成長し、互いを尊重し協力しあえるチーム・組織を育み、会社、ひいては社会のためによりお役にたてる人財育成・組織構築を目指しています。

やさいと仲良し大作戦をテーマに、各現場の栄養士、調理師が考案した野菜レシピ「HAGUレシピ」の試作会を開催

2019.07.04

ハガクレフード株式会社では、保育給食部門のプロジェクト「HAGU」において『やさいと仲良し大作戦』をテーマに、各現場の栄養士、調理師が考案した野菜レシピ「HAGUレシピ」の試作会を行っております。子どもたちに、少しでも野菜に慣れ、親しみをもってもらうことを目指し、毎月第3木曜日に試作会を開催しております。

「人参のもっちりドーナツ」もHAGUレシピから生まれたメニューです。お客さまへのご提案のために提供したところ、大変好評でした。

※HAGU
本部、現場、お客様、社会の想いを抱きしめ、やさしい環の中に受け入れること、そして「子どもたちの未来」をつくる活動をしていくことを目的に立ち上げられたプロジェクト。

和洋パートナーズの称号記授与式に出席しました

2019.06.29

6月28日(金)、ハガクレフード株式会社が食堂を受託している和洋女子大学にて、和洋パートナーズ授与式が行われました。
ハガクレフードも、和洋パートナーズの称号をいただきました。今後も和洋女子大学の皆さまに安心・安全な食事を提供して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

ソシオークグループ【総合職】2020年4月新卒採用情報はマイナビにも掲載されています

2019.06.28

ソシオークグループ(総合職)2020年4月新卒採用情報はマイナビにも掲載されています。私たちと一緒に事業を通じて社会課題を解決していきませんか。
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp240581/outline.html

【仕事内容】
コンサルティング営業とマネジメントが皆さんの最初の仕事。社内外におけるコミュニケーションとネットワーク、ビジネスの知識とスキルを身につけながら、自分の成果もクライアントの成功も得ることができる、そんな仕事です。自信が付いたら、ジョブローテーションを利用して、複数の仕事を経験し、自分の得意分野を生かせる分野を見つけてほしい。そのプロセスの中で、新規事業提案や経営幹部といった道も開かれています。

■コンサルティング営業職
フードサービス事業、子育て支援事業、自動車運行管理事業において、自社のサービスを広げていくために、自ら営業戦略を立案。マーケティング、地域行政・企業へのヒアリング、ソリューションの提案、受託後の新規立ち上げのすべてに関わります。

■マネジメント職
フードサービス事業、子育て支援事業、自動車運行管理事業において、担当エリア施設の人、物、お金、時間、情報の全てをマネジメントし、取引先の期待を超えるサービスを提供することで、売上、利益、従業員満足をも実現させる仕事です。行政折衝やスタッフのマネジメント、収支管理等、仕事の幅はとても広く、行政をも巻き込むことができるやりがいの大きな仕事です。

※詳細はマイナビをご覧ください。
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp240581/outline.html

2019年度 現場力ワークショップがスタート

2019.06.20

ソシオークグループでは、現場力向上の取組みを行っています。日々の業務をただこなしていくだけではなく、自ら現場にある課題を見つけ、知恵と工夫により現場全員で課題を解決していく「改善」を繰り返す現場を目指しています。

2014年から株式会社ローランドベルガー会長の遠藤功先生に講師をお願いし、現場力ワークショップがスタートしました。今年度は、スタートアップ(導入)、レベルアップ(中級)、改善アドバイザー養成、管理者向けの4コースに分けて実施いたします。

初回の6月1日(土)は、スタートアップコースが開催され、ソシオークグループ各社から参加者が集いました。「現場力」とは何かや、現場での課題摘出やその解決方法を探るためのヒントをグループワークや豊富な事例を交えながら学びました。新卒・中途、入社して1週間、九州や関西、東北支店からの参加、責任者・副責任者になったばかり、新規事業所の立ち上げなど、様々な立場と経験の方々により、現場で行っている取り組み状況を発表し合い、情報共有と共に、熱い意見交換が行われました。

ソシオークグループでは本部と現場が一体となって、能動的に問題に向き合い解決して参ります。

保育業界初の展示会「保育博2019」へのご来場ありがとうございました

2019.06.17

2019年6月7日、8日の2日間に渡り、「保育博2019」という展示会が開催されました。「保育博2019」とは、保育園、幼稚園、こども園の業務に必要な製品、サービスが集うビジネス商談の見本市です。

ソシオークグループは、みつばコミュニティとハガクレフードの二人三脚で出展に挑戦!あいにくの雨でしたが、100社近い企業・団体がブースを構える中、2日間で延べ3,000人の来場者をお迎えしました。保育園・幼稚園・子ども園の運営関係者、中には小さなお子さんを連れたご家族に対し、各社さまざまな取組をご紹介、また、出展者同士の交流の場としても大いに盛り上がりました。

みつばコミュニティは、パンフレットに込めた「みつば」の想いを伝え、保育園関係者を中心に「送迎のみつば」を幅広く認知していただける機会になりました。送迎バスの運行請負が浸透していない地方からの関心も高く、今後の全国展開に大きな弾みとなることが期待されます!

 

ハガクレフードは、明日葉保育園の厨房栄養士と協力してレモンケーキの試食を用意。子どもから大人まで大好評で、230個のケーキがあっという間になくなってしまいました。また、給食の写真をお見せすると、皆さん足を止めて「可愛い!」「子ども達が羨ましい!」と興味津々の様子。昨年から新設という形でスタートを切ったハガクレフードの認知度向上に大きく貢献できた手応えを感じました。

 

 

社会的にも注目の集まる保育業界の展示会に初開催の場から参加できたことは、大変意味のある経験でした。さっそく来年の開催も予定されている保育博、私たちもまた挑戦したいです!

ソシオークグループは、社会に役立つ事業を成長の源泉として、フードサービス事業とソーシャルビジネス事業を通して、誰もが健やかに暮らせる社会基盤づくりに貢献します。