hagakure food

新着情報

台風19号による被害へのお見舞い

2019.10.15

この度の台風19号の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

ソシオークグループ本支店および運営事業所におきましては、大きな被害もなく通常通り業務を行っております。ご心配いただきました皆様にお礼を申し上げると共に、被災された皆様の安全と、一日も早く平常の生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。

ハガクレフード株式会社
代表取締役 大隈 太嘉志

2019年度新卒社員対象 稲刈り研修を開催しました

2019.10.08

9月14日(土)、秋らしい爽やかな風が吹く中、今年入社した新入社員を対象に恒例の稲刈り研修を開催し、66人が参加しました。東京は小雨が降っていましたが、研修場所である茨城県常陸太田は、太陽が顔を出し、直前に関東全域を大型台風が襲ったにも関わらず、彼らが5月に植えた苗は倒れることなくまっすぐな稲に成長していました。

参加者は長靴、軍手を素早く身に付け、準備万端。田んぼに入って農家さんの指示に従い、稲を刈る人、まとめて縛る人と役割を分けて作業を進めていきます。お互いを気遣いながら、疲れてきたと思ったら「代ろうか?」と声を掛け合っている姿は、田植えの時よりもチームプレーを感じ、日頃、別々の職場で仕事をしていてなかなか会う時間もないはずなのに、同期というのは本当に不思議なものだと感じます。また同行した事業部長や先輩社員たちと作業する中で、目的に向かってそれぞれの役割を果たすことの大切さを実感したのではないでしょうか。

昼食はグループの葉隠勇進、ハガクレフードのトップレベルの技術を持つ社員が担当。厨房内を無駄のない動きで調理を進める姿はまさにプロフェッショナル。56年間、積み上げてきたブランドの大きさを感じます。ハヤシライスの上にはふわふわタマゴの鮮やかな黄色。サラダもブロッコリーにエビのトッピング。「かわいー!」「おいしいです!」の声があちこちから上がり、あっという間に完食していました。おいしさだけでなく、見た目にもこだわる「ひと手間を惜しまない」食事。私たちが大切にしていることを感じられる昼食となりました。

入社から早いもので半年、社会人として始めての夏休みを越えて、成長した姿を見せてくれた社員には感動しました。半年後には後輩たちが入社してきますが、この稲のようにこれからもまっすぐ、それぞれのペースで成長を積み重ねていってください。

てしおこども食堂(東京都品川区)プレオープンしました

2019.09.27

9月14日(土)、てしおこども食堂がプレオープンしました。てしおこども食堂は、葉隠勇進株式会社とハガクレフード株式会社が毎月1回ずつ交互に運営しますが、この日は葉隠勇進株式会社が担当。初めてのことで従業員全員ドキドキしながらも、どうすれば子どもたちに喜んでもらえるか、たくさん話し合いながら開店の準備をしていました。また、子育て支援事業を展開する株式会社明日葉の児童指導員も運営当日のサポートいたしました。

17時に最初のお客さまがいらっしゃると、従業員全員笑顔でお出迎えしました。この日は西小山駅周辺でお祭りがあり、その帰りの方が多かったようです。子どもたちは、可愛らしく飾られた内装に興味津々で、ワクワクしながら保護者の方と一緒に食事を待っていました。カレーが提供されると、嬉しそうに食べながら、保護者の方や他の子どもたちと仲良くお話していました。

この日は、大人8名、小学生5名、未就学児11名にお越しいただきました。子どもたちだけでなく、保護者のみなさまにも「また来ます!」と大満足していただきました。

葉隠勇進株式会社とハガクレフード株式会社は、新たに始まった、このてしおこども食堂プロジェクトで、さらに多くの子どもたちに安全・安心な食事と楽しい時間を届けます。

■次回開催日
10/05(土)17:00~19:00
10/10(木)17:00~19:00

■てしおこども食堂の概要
・名称
てしおこども食堂

・所在地
東京都品川区小山6-5-10千代田ビル1階 てしおこども食堂
http://urx2.nu/8Cfv
※駐輪場はありません

・アクセス
西小山駅徒歩5分

・対象
中学生以下
※保護者1人までは利用可(大人だけの利用不可)

・参加費
こども100円 おとな200円

・利用方法
下記申込みフォームより事前予約
https://forms.gle/DVZBvrVMez1i2hes9

・てしおこども食堂の公式サイト
https://www.facebook.com/teshiokodomo/

・運営
ソシオークグループ

・その他
損害賠償保険加入
アレルギー、離乳食の対応不可

■こども食堂とは
こども食堂とは、子どもが一人でも行ける無料または低額の食堂です。地域交流拠点と子どもの孤食という2つの役割をもつこども食堂は、この3年で12倍以上に増えました。民間発の自主的・自発的な取組みで、2019年6月には、1年で1.6倍増え、すべての都道府県に少なくとも3,718か所あります。
出典 https://musubie.org/kodomosyokudo/

男性向け料理入門講座「自宅で簡単に出来る男の料理と介護食つくり」にて講師を務めます

2019.09.26

男性向け料理入門講座「自宅で簡単に出来る男の料理と介護食つくり」にて講師を務めます。
詳細は男女平等参画センター・リーブラのサイトをご覧ください。
https://www.minatolibra.jp/calendar/?mc_id=74

■講座内容
・第1回 9/28(土)13:00~15:00
「簡単料理」チャック付きポリ袋で簡単男の調理後片付けもらくらく!

・第2回 10/19(土)13:00~15:00
「介護食入門①」 介護食の入門編、おうちでも簡単にできるハンバーグ!

・第3回 11/3(日)13:00~15:00
「介護食入門②」介護食を一緒につくりませんか?ミートローフ作り。

■講師
・川嶋 正大 (かわしま のぶひろ) さん
ハガクレフード株式会社 首都圏事業部・業務サポート部長
栄養士。食事の時間は大切です、夫婦共働きでも簡単に作れる料理をご提案します。

・酒井 利貴 (さかい としき) さん
ハガクレフード株式会社 首都圏事業部 マネージャー
2児の父。30年間、病院食・介護食の調理師として、現場の調理指導、調理をしています。
喫食される方を想い、毎日おいしく・安心して召し上がっていただける調理しています。

「理念と経営」2019年10月号内でソシオークグループ”現場力”の取り組みが掲載されました

2019.09.24

「理念と経営」2019年10月号にソシオークグループが取り上げられました。
25、26、27ページに渡ってソシオークグループ「現場力」の取り組みが紹介されております。

■掲載誌面
理念と経営 2019年10月号
https://www.rinen-mg.co.jp/

※現場力とは
ソシオークグループでは、「現場力向上」の取り組みを行っています。私たちは、日々の業務をただこなしていくのではなく、自ら現場にある課題を見つけ、知恵と工夫により現場全員で課題を解決していく「改善」を繰り返す現場を目指しています。ソシオークグループでは本部と現場が一体となって、能動的に問題に向き合い解決して参ります。

「やさいと仲良し大作戦」と題し、ミニトマトの食育イベントを明日葉保育園宮崎台園にて開催しました

2019.09.09

ソシオークグループ・ハガクレフード株式会社は、グループ会社の株式会社明日葉が運営する明日葉保育園宮崎台園にてミニトマトの食育イベントを開催しました。ミニトマトはグループ会社の株式会社てしお夢ふぁーむから新鮮なミニトマトを仕入れ、グループ会社3社の共同食育イベントとなりました。

同イベントはハガクレフード株式会社が企画し、野菜嫌いをなくし、野菜を身近に感じることで野菜好きの子どもが増えることを目的に「やさいと仲良し大作戦」と題し、ミニトマトの食育イベントを2019年8月28日に開催。明日葉保育園宮崎台園の年長・年中クラスの13名が参加しました。

ミニトマトすくいの準備をしている間から子どもたちは興味津々。担任保育士からイベント説明の後は早速トマトすくいスタート。4~5人のグループに分けて順々に実施。大きなトマトを選んだり、色がきれいなトマトを選んだりとコツを覚えるとあっという間にトマトがすくえました。

全員がすくい終わったら今度は大好きな絵本の時間。この日はトマトに関する絵本でトマトさんの迫力満点の表情と先生の臨場感ある読み聞かせに前のめりになりながら絵本をみていました。その後は、生産者のてしお夢ふぁーむが制作した「種から収穫できるまでのダイジェスト動画と生産者からのメッセージムービー」。生産者自らが説明する小さな種からかわいい芽が出て、真っ赤なトマトになるまでの過程を知ることでよりトマトに野菜に興味をもってくれました。ムービーの終わりにサプライスでトマトマンが登場。トマトマンからは「3つのトマトの力」の話がありました。

そしてお待ちかねのトマトの実食。夏が旬のトマトは甘くて子どもたちからは「おかわり!」の声が複数人からあがっていました。約45分間のイベントはあっという間に終了。トマトは家庭でも話題にして欲しいとのことで、お土産用にしました。

ハガクレフード株式会社では、この他にも保育園向けに同社が運営受託する各園の給食室から集まったスタッフが毎月野菜レシピを考案、試作。できたレシピをご家庭に配布し、家庭でも子どもが野菜好きをなってもらえるような取り組みを行っています。今後もハガクレフード株式会社では、食の大切さや豊かさ、健全で健康な食生活を伝える食育活動を推進して参ります。

■プログラム内容(約45分)
(1)ミニトマトすくい
(2)へたとり
(3)保育士によるトマトに関する絵本の読み聞かせ
(4)種から収穫できるまでのダイジェスト動画と生産者からのメッセージムービー
(5)トマトマンが登場し、トマトの3つの力の説明
(6)ミニトマトの実食

■てしお夢ふぁーむのミニトマト
てしお夢ふぁーむは障がいがあることで、一般企業への就労が困難な方が働くことができる就労継続支援A型事業所です。仕事は作業工程ごとのマニュアルや本人の適正に応じて業務分担しており、一定の品質を保つことに成功しています。第二農場ではミニトマト(千果)を生産し、栽培期間中に「農薬を使用しない」または「できるだけ農薬を抑えて」栽培しています。当農場のトマトの特徴は3つあります。

(1)糖度が高く、鮮赤色で美しい光沢のミニトマト。低段栽培により、味がしっかりつき美味しい。
(2)高精度コントローラにより水分量・施肥量温度を管理。一年を通して安定した味を提供。
(3)土は栽培毎に入れ替え。ANS培地により根がよく張り、病気に強い。

さくらダイニング事業所 大阪府警察本部長から感謝状拝受

2019.09.06

ソシオーグループのフードサービス事業会社・ハガクレフード株式会社 関西支店のさくらダイニング事業所が、大阪府警察本部長から感謝状を拝受いたしました。

さくらダイニングは、ハガクレフード株式会社が運営する大阪城ホール内のレストランです。6月27日(木)~30日(日)のG20大阪サミットに際し、大阪城ホール内城見ホールにて、警備応援にいらした警察官のみなさまへ、朝・昼・夕のお食事を4日間提供する依頼を受けました。何食提供するのか、何県の警察から応援にいらっしゃるのかなど、正確な情報が前日まで明かされない状況の中、東京本社の課長も現地に赴き、衛生指導を徹底し「大阪のおもてなしをしたい」という想いを込めて準備を進めました。そして当日、万全の体制で警備応援の神奈川県警察のみなさまをお迎えしました。

通常の場合、警備の応援の食事は立ったままで、配られるお弁当も冷えていることがほとんどのようですが、今回は「温かい食事を椅子に座って美味しく腹いっぱい食べられる」と大好評で、神奈川県警察から大阪府警察へ感謝の言葉が贈られました。大阪府警察からも大変お喜びいただき、さくらダイニング事業所へ感謝状が贈られる運びとなりました。

8月23日(金)大阪城ホール内会議室にて、感謝状授与式が行われました。式には料理長と支配人が出席し、誇らしげな表情で賞状を受け取りました。G20大阪サミットの警備という大きな仕事をするみなさまのお力になれたことを、従業員一同、大変光栄に思います。

ハガクレフード株式会社は、大切な人に喜んでいただくため、一つひとつの料理にたっぷり愛情をかけて丁寧に作ります。

てしおこども食堂を開設。9月14日(土)プレオープンいたします。

2019.09.05

地域の子どもたちに低額で食事を提供する「てしおこども食堂」を東京都品川区小山に9月14日(土)プレオープンいたします。品川区では22施設目となり、区内では株式会社が運営する初めてのこども食堂となります。食の提供を通じ、子どもの居場所づくりや地域交流拠点となれる食堂を目指します。

開催場所は給食事業を展開するソシオークグループ・葉隠勇進株式会社およびハガクレフード株式会社が調理技術を磨く研修所「てしおキッチン」。定期的に従業員の調理研修を開催している研修所です。研修の一環として調理した料理や余剰食材を利用して、こども食堂向けにアレンジしたメニューを提供予定です。

食事内容は、給食会社がプロデュースするこども食堂のため、衛生的で栄養満点。また、子育て支援事業を展開する株式会社明日葉の児童指導員も運営当日のサポートをする予定です。手作りの温かい食事を準備してお待ちしております。

■開催日
9/14(土)17:00~18:45 プレオープン
※次回は10/5(土)を予定
※月1~2回開催。以降の開催日はてしおこども食堂の公式サイトにて告知

■てしおこども食堂の概要
・名称
てしおこども食堂

・所在地
東京都品川区小山6-5-10千代田ビル1階 てしおこども食堂
http://urx2.nu/8Cfv
※駐輪場はありません

・アクセス
西小山駅徒歩5分

・対象
中学生以下
※保護者1人までは利用可(大人だけの利用不可)

・参加費
こども100円 おとな200円

・利用方法
下記申込みフォームより事前予約
https://forms.gle/DVZBvrVMez1i2hes9

・てしおこども食堂の公式サイト
https://www.facebook.com/teshiokodomo/

・運営
ソシオークグループ

・その他
損害賠償保険加入
アレルギー、離乳食の対応不可

■こども食堂とは
こども食堂とは、子どもが一人でも行ける無料または低額の食堂です。地域交流拠点と子どもの孤食という2つの役割をもつこども食堂は、この3年で12倍以上に増えました。民間発の自主的・自発的な取組みで、2019年6月には、1年で1.6倍増え、すべての都道府県に少なくとも3,718か所あります。
出典 https://musubie.org/kodomosyokudo/

駒澤大学バスケットボール部員へ「アスリートの栄養講座」を開催

2019.09.03

ソシオークグループ・ハガクレフード株式会社 (本社:東京都港区/代表取締役:大隈太嘉志)は、駒澤大学バスケットボール部の学生を対象に「アスリートの栄養講座」を8月21日に開催しました。駒澤大学玉川キャンパスへ出張し、講師は同社に所属する管理栄養士がつとめました。当日はバスケットボール部員24名が参加しました。

通常食事として「栄養フルコース型」で栄養素を不足なく摂るための食事を紹介するとともに、試合前日、当日の朝、試合前・中・後の食事のほか、実際のプロバスケットボール選手の食事についても紹介しました。

また、事前に学生からリクエストのあった、プロテインの摂取方法、コンビニでの食材選定や減量・増量時の食事方法についても詳しく説明していました。特に質問の多かったプロテイン摂取については、「食事がメイン、プロテインは補助として考えよう。食事でしっかり栄養を摂取することが大切。」とアドバイスを送っていました。講座終了後も学生からは、熱心に自身の食事や筋トレ中の食事など講師に質問がありました。

ハガクレフード株式会社では、今後も食の大切さや豊かさ、健全で健康な食生活を伝える食育活動を推進して参ります。



■講義内容
1. なぜアスリートにとって食事が大切なのか?
2. 自分に必要なエネルギーを知ろう
3. 食事のバランスのとり方
4. 水分補給の重要性
5. 試合前日・当日の食事
6. 「プロテイン」どう活用する?
7. コンビニで何を選ぶ?
8. 減量・増量の食事

■アスリートの栄養講座・栄養セミナーの出張開催
ソシオークグループ・ハガクレフード株式会社では、大学・短大・専門学校の運動部向けのセミナーの他、スポーツをしている小中学生の保護者を対象とした講座やセミナーも出張開催しています。お問い合わせは下記よりお願いいたします。
https://www.hagakurefs.com/contact/

■会社概要
商号:ハガクレフード株式会社
代表者:代表取締役社長 大隈 太嘉志
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町東10F
創業:1963年月2月
事業内容:病院・福祉施設・保育園の給食業務/社員食堂・寮・保健所・各種レストラン・研修センターの運営管理
資本金:3,000 万円
URL:https://www.hagakurefs.com

■会社概要
商号:ソシオークホールディングス株式会社
代表者:代表取締役社長 大隈 太嘉志
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町東10F
設立:2013年10月
事業内容:子育て支援サービス・フードサービス・自動車運行管理サービス・パブリック事業を営む事業会社を擁する持株会社
グループ会社:葉隠勇進株式会社/ハガクレフード株式会社/株式会社明日葉/株式会社みつばコミュニティ/株式会社てしお夢ふぁーむ/株式会社リーフサポート
資本金:9,500万円
URL:https://www.socioak.com

インターンシップ「委託給食業界で広がる栄養士・管理栄養士のキャリア」を開催しました

2019.08.19

2021年3月卒業予定の栄養・管理栄養学科の学生さんを対象に、インターンシップを開催しております。8月2日(金)は、本社会議室にて講義を実施。9名の学生さんにご参加いただきました。

講義のテーマは「委託給食業界で広がる栄養士・管理栄養士のキャリア」。ハガクレフード株式会社の課長が講師を担当し、実際に事業所で作っている献立の説明と、ハガクレフードで実現できるキャリアプランの紹介を行いました。参加者は、説明を懸命に聞きながら、所々でメモを取っていました。調理や献立作成のイメージが強い職種である管理栄養士ですが、プレゼンを行うことがあるとは意外だったようで、将来の視野を広げるきっかけになったようです。

途中で休憩を挟み、グループワークを実施しました。テーマは「100歳のお誕生日を迎える福祉施設の入居者の方に向けたメニューとおもてなしを考える」。参加者3人ずつでチームを組み、アイディアを模造紙にまとめて発表しました。チームで話し合いながら、終始楽しそうな様子で取り組んでいました。

ハガクレフード株式会社では、その他、調理実習プログラム、衛生管理の研修体験プログラムなど様々な内容でインターシップを開催しております。詳細確認やお申し込みは下記よりお願いいたします。未来の栄養士・管理栄養士のみなさまにお会いできる日を楽しみにしております。
https://www.hagakurefs.com/contact/