hagakure food

て・し・おにかけた究食へ

大切な人のためにおむすびをにぎる、
そのあたたかな気持ちがお手本です

心を込めて作る、育てることを
「手塩にかける」といいます。
手に塩をつけてぎゅっとおむすびをにぎる、
その塩が「てしお」です。
大切な人に喜んでもらうために、
たっぷりの愛情を込めて、
一つひとつの料理をていねいに作る。
それが、ハガクレフードの食事です。

て手づくり

“新鮮で良質な素材が私たちのこだわりです。”

ココロとカラダに優しい食事は素材から始まります。

私たちは身体に良いお食事を、美味しく、健康に召し上がっていただきたいと願っています。
食材には肉や魚ばかりではなく、豊かな海や山の自然な素材を、しかもできる限り
「作り手の顔が見える」地元の安全・安心で新鮮な食材を使用するよう心掛けてきました。
また、冷凍食品は必要最低限に、あくまでも手作りの味にこだわっています。

し信頼

“当たり前のことをきちんと守って、
安全・安心な衛生管理。”

安全な食事を安心して楽しんで欲しい。

お客様に安全な食事を楽しんでいただくことは、私たちの原点です。
創業以来、お客様に信頼していただくこと、そして喜んでいただくことを目的にしてきました。
ISO9001品質マネジメントシステムの認証を取得し、一貫した衛生教育の推進と、
検査・管理の実施が私たちの姿勢を証明しています。
毎日の楽しみである食事を安心して楽しんでもらうために、私たちは日々努力しています。

おおもてなし

“原点から続く「貫道」をあゆみます。”

食に思いやりの気持ちを添えるホスピタリティ・マネジメント。

「大切な人のために作る愛情いっぱいの料理とサービス」という
創業理念の根本にあるものは、“お客様に感動を与えられる人間”であること。
私たちのサービスは食べ物を作るだけではなく、人間の温かい心を
感じさせることだと考えています。そのためフードサービスの基本となる人間性の育成と、
高度な技術習得のバランスに配慮し、人財教育を推進しています。