hagakure food

SDGsの取り組み

SDGsとは?

SDGsは2015年に国連が新たに設定した2030年に向けた「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals)です。
国際社会の共通課題に対する17の目標とそれに対応する169のターゲットから構成されています。
世界規模での気候変動への配慮、貧困や飢餓の根絶、格差是正など、地球上の誰一人として取り残さない(Leave no one behind)ことを誓い、
あらゆるステークホルダーの参画が期待されています。

image

ハガクレフード株式会社の
SDGsの取り組み

社会課題を
ビジネスで解決する

ソシオークグループは「社会と共生する樹でありたい」を合言葉に、CSVの推進を重要な経営課題と位置づけ、新たな社会的価値創造に挑戦する企業グループとしていきいきとした未来に向けて貢献して参ります。
グループを取り巻く社会課題から「雇用」「地域・社会」「環境」をSDGsの重点課題として選定しました。
各事業会社のスキルとノウハウを生かし、社会問題の解決に取り組みながら社会とともに持続的に成長してまいります。

安全安心な食事の提供
  • icon
    2.1 2030年までに、飢餓を撲滅し、全ての人々、特に貧困層及び幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食料を十分得られるようにする。
    主な取り組み
    こども食堂の開催
  • icon
    3.4 2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。
    主な取り組み
    健康になるための治療食の提供
  • icon
    7.3 2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。
    主な取り組み
    集中購買によるエネルギー効率の改善
    節水・節電等省エネの工夫
  • icon
    8.4 2030年までに、世界の消費と生産における資源効率を漸進的に改善させ、先進国主導の下、持続可能な消費と生産に関する10年計画枠組みに従い、経済成長と環境悪化の分断を図る。

    8.5 2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、ならびに同一労働同一賃金を達成する。

    8.6 2020年までに、就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。
    主な取り組み
    安心・安全な食事の提供による、受託事業所増による雇用機会の増大が社会経済の発展につながる
  • icon
    12.3 2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させる。

    12.5 2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。
    主な取り組み
    環境に配慮した運営、可食部と廃棄部の周知と教育
    残菜を活用したこども食堂の開催
  • icon
    14.1 2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。
    主な取り組み
    COC認証取得、トレーサビリティ活動の実施

ソシオークグループの
SDGsの取り組み