hagakure food

新着情報

ハガクレフード、「栄養士仲間とツナガル場」「自己啓発を高めるマナビの場」としてオンライン栄養士勉強会をスタート

2021.07.08

~「栄養士として、ずっと働き続ける会社にしたい」という想いで勉強会を実施~

 ハガクレフード株式会社は、6月25日・28日に2021年度第1回栄養士勉強会「レモンタイム」をオンラインで実施しました。今回は新入社員を対象に、衛生的な手洗いや盛り付けの基本などについて動画で学びました。

 

ハガクレフードの栄養士勉強会「レモンタイム」とは

レモンタイムは、2019年6月、病院や福祉施設に食事を提供するヘルスケア部門を対象に「栄養士として、ずっと働き続ける会社にしたい」という想いから発足した栄養士の勉強会です。

「栄養士仲間とツナガル場」「自己啓発を高めるマナビの場」を目的に、これまでレシピ開発、クッキングワークショップ、工場見学などさまざまなプログラムを実施してまいりました。

 

新入社員向けに「プロの手洗い」と「盛り付けの基本」を講習

25日は、病院や福祉施設に食事を提供するヘルスケア部門の新入社員29人が参加し、それぞれの自己紹介や近況報告を行いました。近況報告では、新入社員が配属3か月で学んだことや自身の課題について発表し、各々が報連相(ホウレンソウ)の大切さや提供時間を意識した行動について学んだことを話しました。

衛生講習では、企業に向けて衛生教育を行う株式会社町田予防衛生研究所と共同で制作した教育動画から、食品分野のプロとしての衛生的な手洗いを学びました。参加者は、動画を視聴しながら実際に手洗いの動作を確認し、正しい手洗いを実践しました。

次に行った調理基礎講習では、ハガクレフードオリジナルの教育動画に品質管理部調理指導課の社員が出演し、「青菜の和え物」と「鮭の照り焼き」の盛り付け方について、盛り付け1人分の計算方法、綺麗な盛り付け方、効率的な盛り付け方を講習しました。

また28日は、保育園で給食を提供する部門の新入社員14人を対象に、衛生的な手洗いや、ソシオークグループの現場力などについて学びました。

今回の講習では、栄養士としての基礎を学ぶことができ、参加者からは「日常業務をレベルアップできるような内容だった」「講習で習った盛り付け方法を実際にやってみたところ、いつもより早く盛り付けが終わった」「違う現場で働く同期の近況を知ることで、自分も頑張ろうと改めて気を引き締めることができた」などの感想がありました。

ハガクレフードは今後も、ご利用者様においしい食事を提供するため、常に学びの姿勢を忘れずに精進してまいります。