hagakure food

新着情報

25年勤続表彰者インタビュー 米山清隆さん

2021.07.07

ソシオークグループは毎年、長年にわたって職務に精励した社員へ永年勤続表彰をお贈りしております。今年度はグループ全体で321名の社員が対象となりました。その中で25年勤続表彰者がお二人いらっしゃいます。高井戸ダイヤモンドテニスクラブレストラン事業所にお勤めの米山清隆さんと、伊藤病院にお勤めの戸葉彰さんです。お二人はいくつかの事業所で勤務する中でご一緒に働かれたこともあるそうです。

米山さんは洋食を専門としながら病院や高齢者施設など様々な事業所で活躍してきた立役者です。どのような現場でも「お客様に喜んでもらう」という想いを貫く米山さんの職人魂は、これまで多くのお客様の心をつかんできました。

戸葉彰さんのインタビューはこちらをご覧ください。
25年勤続表彰者インタビュー 戸葉彰さん | 給食委託会社:ハガクレフード株式会社 (hagakurefs.com)

レストランや病院給食の現場を経験

今から25年前、私は葉隠勇進(現:ハガクレフード)にアルバイトとして入社しました。前職は、銀行の食堂やホテルのレストランで働いていました。レストランでは宴会用のケータリングが入ると400食を二人で朝のうちに作ることもあり日々てんやわんやでした。そのレストランには4年ほど在籍していました。

私の本職は洋食ですが、レストラン以外にも川崎や赤坂の病院、社員食堂など、様々な現場をソシオークグループで経験させていただきました。病院給食やレストランの新規事業所オープンに携わることが多く、九州まで行って高齢者福祉施設に勤めたこともあります。多くは今も継続して受託している、ソシオークグループと付き合いが長い事業所です。

「仕事はどこで働いても同じ」

初めて経験した病院では、毎朝お粥作りを担当していました。初めて試食したとき「お粥ってこんなにおいしかったのか!」と感激したことをよく覚えています。レストランでは雑炊以外でお粥を作ることがないので、レストランでは味わえない仕事の喜びを実感しました。この病院は私の実家の近所ということもあり、私も小さい頃から知っていました。今では孫が時々お世話になっていてご縁がある病院です。

私は、「仕事はどこで働いても同じ」だと思っています。レストランから病院給食へ移るときも、首都圏を離れるときも、抵抗はありませんでした。病院給食は塩分濃度や食事形態などに特に神経を使うのですが、「苦しい、大変だ」と感じたことはありません。食事作りの根本はレストランと同じ。「喜んでもらう」という気持ちで作ればどの事業所でも違いはないと思います。

25年間で一番感動した思い出

都心のスパ施設のレストランにオープニングメンバーとして勤めていたとき、体調を崩して入院・手術したことがありました。私の復帰日にスパの会長さんや会員さんたちが「おかえりなさい」と書かれた5メートルくらいの大きな垂れ幕をみなさんで手作りし、ラウンジに大きく貼って温かく迎えてくれたのです。そんなに大きなものを手作りするのは大変だったはずなのに、私のためにたくさんの方たちが時間をかけていただき本当に感激しました。この垂れ幕は自宅に持ち帰り、今でも大切に保管しています。

若い世代へ

今の若い人たちに伝えたいことは「こんなに良い仕事はない」ということです。自分の作ったものでお客様が喜んでくれる、楽しんでくれる、料理人とはこんなに素敵でやりがいがある仕事なのだともっと理解してほしいと思います。コロナの影響で、外食産業はどこも大変な思いをしています。このような状況でも、自分にできる限りのことをして、残せるものを残したいという気持ちはあります。若い人たちは、これからも周りで様々な変化があるでしょうが、夢と希望と情熱を持ち、変化に立ち向かってください。