hagakure food

新着情報

【食品ロスを減らそう】ソシオークホールディングスが年内最後の食材寄贈を行いました

2020.12.11

この度ソシオークホールディングス株式会社は、NPO法人フードバンク愛知と、フードバンク愛知にご紹介いただいた愛知県内の子ども食堂2ヵ所に食材の寄贈を行いました。

ソシオークホールディングスでは、持続可能な開発目標「SDGs」の取り組みの一環として、食品ロス削減に向けた活動を行っております。食品ロスとは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品のこと。ごみ処理に費用がかかるだけでなく、地球環境にも悪影響を与えるといわれています。

農林水産省の発表によると、日本の食品廃棄量は年間約2,550万トンで、その中でも食品ロスの量は約612万トン(平成29年度推計値)。日本人の1人当たりに換算すると、1年間で約48kg、1日あたりお茶碗1杯分の食品ロスを生み出していることになるそうです。

 

備蓄していた賞味期限内の冷凍食品を寄贈

ソシオークホールディングスは先日、フードバンク愛知と、フードバンク愛知にご紹介いただいた愛知県内の子ども食堂2ヵ所に食材の寄贈を行いました。提供したのは、当社の外部倉庫に備蓄していた賞味期限内の冷凍弁当です。不測の事態などで、グループ企業である葉隠勇進株式会社や、ハガクレフード株式会社の給食を提供する事業所において調理場が使用できなくなった場合を想定し、食材の備蓄を行っておりました。当グループでは今年は4月、9月、10月、12月にも子ども食堂へ食材の寄贈を行ってまいりましたが、今回は年内最後となります。

 

■フードバンク愛知について

令和元年6月に愛知県北名古屋市に設立されたNPO特定非営利活動法人。企業などから寄贈された食品を、支援が必要な人たちを支えている福祉施設や団体に無償で分配する事業を行っています。寄贈された食品は各施設内で給食などに活用されています。

フードバンク愛知ホームページ:
https://fb-aichi.org/

今回寄贈させていただいたのは、愛知県名古屋市と一宮市にある子ども食堂です。名古屋市の子ども食堂は、生活保護は受けていないものの医療費が払えないといったひとり親家庭を対象としており、一宮市の子ども食堂は、生活困窮者シェルターに滞在されている方や子どもがいらっしゃるご家庭が対象です。

【冷凍弁当の寄贈数】
■フードバンク愛知(11月24日着)

計1,008食

■名古屋市の子ども食堂(11月21日着)

計262食

■一宮市の子ども食堂(11月17日着)

計442食

3施設合計 1,712食

 

名古屋市の子ども食堂では、お弁当が届いたその日に食事として提供いただきました。私たちはこれからも食品ロス削減への取り組みをはじめ、さまざまな社会課題の解決に向けて活動してまいります。